30代子育てママYOUのなんでも日常ブログ(^^♪

転勤で大阪から名古屋に引っ越してきた主婦が子育てに関する日常と情報を綴ります。

入学準備

ランドセル選びのポイント!後悔したくないママへ!

2017/07/03

ランドセル

幼稚園、年長の5歳児をもつママのYOUです。

来年の小学校入学に向けて、ランドセルの購入へ行動を開始した我が家。

夏休み前に、カタログの資料請求をたくさんして、チビと楽しくランドセル選びの日々を過ごしております。

たくさん素敵なランドセルをカタログで見ているうちに、せっかく6年間使うものだし、ランドセル選びの失敗はしたくないと強く思うようになりました。

ランドセル選びのポイント

たくさんの種類があるランドセル。

うちのチビともカタログを見ながら、選んでいる日々ですが、基本的にこどもは見た目で選びますよね。

ママは、値段や機能性をポイントに見ていきたいと思います。

デザイン・色はこどもに任せてみる

せっかくのこどものランドセル選び。

使うのはこども自身なので、デザインと色はこどもに任せてみることもいいかと思います。

その方が、こどもも楽しいし、小学校へのたくさんの希望が膨らむかと思います。

 

参考までに、最近のランドセルの人気の色は

男の子 1位 黒  2位 紺  3位 青
女の子 1位 ピンク  2位 茶系  3位 赤

男の子は、ブラック系の色が今も昔も人気カラーのようです。

女の子は、だんだんブラウン系のカラーが人気になってきているようです。

1年生から6年生に上がるに従って、ブラウン系は服装にも馴染みやすく、いつまでの持ちやすいのかもしれません。

こどもにデザイン・色を任せるときの注意点

せっかくのランドセル。もちろん毎日持つこどもに選ぶのは任せたい気持ちはあるけれど、注意点もあります。

少し変わったデザイン・色は、こどもが飽きてしまう・・・

選んだときは、最高にいいと思っても、いざ小学校に入学するとあまりに周りの子と違うため、少し恥ずかしいと感じてしまう心配もあります。

今は、ランドセルのカバーもたくさん販売されているので、途中でカバーで隠してしまう子もいるみたいです。

ママが重視するのは、軽さ・収納力

色やデザインをこどもにだいたい決めてもらったところで、ママはその内容をしっかり見極める必要があります。

軽さ・耐久性

小学1年生は、なにかと荷物が多いのはご存知でしょうか??

わたしも知らなかったのですが、教科書やら配布物やら、幼稚園や保育園時代とは比べものにならない荷物を持って、自分で歩いて登校します。

まだまだ小さい体なので、体の負担を少しでも軽くするため、ランドセルは軽さに重視するべきです。

そして、軽さと同時に耐久性にも優れている必要があります。

そのためには、必ずこどもに試しに背負わせてみるのが必須です。

耐久性に関しては、素材が人口皮革がいいのでは?

お手入れ簡単で、軽い・丈夫で安心です。

反対に、本革はやはり丈夫ですけど、重いのが難点。

使えば使うほど、味がでる素材の本革ですが、それに引き換えは人口皮革はいつまでも新品のような状態です。

収納力

「A4サイズが入ります!!」と最近、よく耳にしますが、そんな大きい配布物とか教材ってあるの??と思っていたわたし。

実は、あるみたいです。今の教材って大きいんですね。

しかも、普通A4クリアファイルサイズって約22cmですけど、それでは入らない。

A4フラットファイルサイズ、約23cmが入るものを必ず選ぶように気を付けたいものです。

まとめ

いろいろ見てきましたが、ランドセル選びは、「こども目線」を忘れず!!

うちも、チビの選ぶ色が黒や青とか緑とか・・・「まじで・・・」って思うものばかりでしたが、毎日、「そうなんや」と話を聞いていると思いつきで言っているのか、チビの意見はコロコロ変わりました。

結局落ち着いたのが、赤色。ママとしては、心の中で「よかったー」が本音です。

少し、ランドセルのベルト部分が青色が入っていたりしてますが、そんなこと気になりません。

一応、女の子だし、無難な色がいいかなとか親目線では思っていたのですが、こどもには言わないように気を付けました。

結局、赤に落ち着いた理由は、そのとき好きだった戦隊ものの、赤ヒーローが好きだったからとのこと。

理由は、女の子らしくないですが、ママとしては、「かっこいいねー」と話すことができました。

これで、楽しく小学校に行けるかと思えば嬉しいものです。

こどもといっしょにたくさん選んでみてください。

 

 

-入学準備