30代子育てママYOUのなんでも日常ブログ(^^♪

転勤で大阪から名古屋に引っ越してきた主婦が子育てに関する日常と情報を綴ります。

自分時間

子育てママでも仕事がしたい!!

幼稚園年長さんの女の子を育てるママ、YOUです。

最近、わたしの周りでも仕事を始めるママ多いような気がします。

そんなわたしも、縁あって仕事をはじめることになりました。

仕事を始めるにあたって

結婚してから、すぐ妊娠・出産を経て育児中のわたし。

結婚前は、社会人として働いていたけれど、資格もなく、これといってスキルもなし。

仕事を始めると言っても、なにができるか、なにから始めようかと悩みました。

まず、仕事を探すことで気を付けたこと

こども優先ができる職場選び

こどもは急な熱を出すこともしばしば・・・昨日まではなんともなかったのに、朝起きて急に体調が悪くなったり、無事出社できたと思っても、「熱でました。迎えにきてください。」と呼び出しがかかったり。

そんなことがあって当たり前と思ってくれる職場が一番ベスト。

時間に融通がきく

こどもが小さいときは、幼稚園の保育時間が短かったり、小学校の1年や2年は帰りが早かったり。

幼稚園や学校の行事もたくさんあるので、時間に融通のきく職場がいいですよね。

そのためには、

  • 職場の人数が多いコールセンター
  • 週ごとに出勤日が決められるシフト制
  • 職場に同じようなママが働いている

などの、条件に沿って仕事選びをしてみる必要があります。

オープニングスタッフ募集を探す

裏技ですが、なにかと融通をきかせてくれることが多い環境です。

オープニングスタッフ募集で働きだしたママが幼稚園いいますが、とっても働きやすいとのこと。

スタッフ同士の仲も良くなり、お互い協力し合える関係にもなりやすいらしいです。

でも現実は・・・

子育てと仕事の両立ができるか不安をもっているママ、けっこういると思います。

そして、現実にわたしが求人募集のある企業に電話したときのこと。

こどもがまだ小さいと先方に伝えると、「まだそんなに小さいお子さんがいるんですか~うーん・・・」と微妙な返答が返ってきた会社がありました。

結局、そこは子育てママには不向きな会社のようだと判断し、電話を切りました。

ママとしても、それはわかっているのですが、「こどものことがネックになる」という言い方をされるととても切ない気もします。

仕事を探すまでにできること

幼稚園のママさんたちはどんな仕事をしているか聞いてみたことろ、こどもが小さいうちに資格をとっているママもいました。

保育士

国家資格でもあり、資格をとるために覚えることは多いですが、こども相手にできる仕事もママには適任ではないでしょうか。

短い時間で求人募集しているところもあり、働きやすい環境かもしれません。実際に、幼稚園のママで保育士の資格をとっている方もいます。そのママは、こどもがもう少し大きくなってから、夕方からの求人募集を狙いに行こうかと思っているとのことでした。

医療事務

病院の受付で医療費の計算をする仕事。

病院はどこにでもあるし、長く働ける資格です。パパが転勤なんてなったときも、引っ越した先でのママの仕事探しにも役立ちそう。

歯科助手

歯科医院の受付や会計、診察の補助をする仕事。

友人で歯科助手のパートをしている方がいますが、勤務時間も短く、昼休憩には一回家に帰って家事をしたりするそう。

もちろんその歯科医院にもよるかと思いますが、人気の職場のようですね。

譲れない条件は必ず最初に言うこと

いろいろな仕事があるかと思いますが、いずれも子育てママの立場から言えば、こども優先という譲れない条件があります。

その条件を必ず最初の面接時にいうことが大切だと思います。

それと同時に、「こども優先にはなりますが、一生懸命働きます。」という意思表示も大切。

何度も早退が続くかもしれない、何度もシフトの変更をお願いするかもしれない・・・

そんな不安は、正直どこの職場に行っても付きまとうものだと思います。

それなら、もうはっきり最初に「一生懸命働きたい」ということを伝えて、その言葉どおり一生懸命働き、会社側に認めてもらうしかないですよね。

ママのご褒美

がんばって働いたら、嬉しい給料がいただけます。

日ごろ働いてくれているパパに感謝の気持ちのプレゼントを贈るのも素敵なこと!!

ですが、最近わたしは同じように働いているママ友と少しリッチなランチを食べに行きました。

ちょっとした贅沢で気持ちもリフレッシュ!!

気持ちに余裕ができれば、こどもにも優しくできたりと一石二鳥。

子育てママの働く仕事は、細く長く続けていくことが理想だと思います。

 

 

-自分時間