30代子育てママYOUのなんでも日常ブログ(^^♪

転勤で大阪から名古屋に引っ越してきた主婦が子育てに関する日常と情報を綴ります。

健康管理

子育て中こそ痩せれるって本当?!

こんにちは。

北摂在住の6歳児の女の子ママ、YOUです。

今年も暑い夏を乗り越えて、過ごしやすくなってきた今日この頃ですね。

最近、うちのチビが赤ちゃんの頃によく遊んでいたお友達のママさんと偶然道で会いました。

「久しぶり~」と少し立ち話をして、そのママさんはご自分でアクセサリーのブランドを立ち上げたりして精力的にお仕事をされているのを聞いて、すごいなと感心しました。

仕事をバリバリしているのも、もちろんかっこいいんですけど、そのママさん、めちゃめちゃ美人でスタイル抜群。

とても出産を経験したママには見えません。

それに引き換え私ときたら、「ちょっと最近手抜いてませんか?」と自問自答。

妊娠、出産を経て、こんなもんだろうって思って少し自分に甘えてたかな・・・笑

よし、素敵なママさんと再会できたおかげで、少し体形を気にしようと決意しました。

欲を言えば、結婚前の体形に戻りたい~けど、それはちょっと無理があるかな・・・笑

実は産後のほうが痩せやすかった??

28歳で妊娠し、29歳で出産を経験したわたし。

かれこれ6年ほど経ちますが、その間、自分の体形の変化はどうだったか。

妊娠時は、けっこう体重って増えますよね。

なかには、おなかだけぽこっと出て他はスラっと細身の方もいらっしゃるだろうけど、わたしは安定の1か月1㎏づつ増加でした・・・

妊娠10ヶ月目には、ドドドっと3㎏増。結果、臨月では13㎏増加していたわたし。

でもそのときは、「これも幸せ~」なんて思っていたし、「出産すれば痩せれるんでしょ~」なんて余裕な気分でした。

いざ、出産してから、おなかはへっこんだけれど、全体の体重は減らず。

当たり前ですよね。赤ちゃんが4㎏弱。羊水や胎盤など除いても、6㎏くらいは体に残っている状態。

「これから母乳で痩せるぞ」と思っていたけれど、うちの子、あまり母乳飲まず、母乳の出も悪く、そして体重維持。

まぁそれでも、慣れない赤ちゃんの世話でイヤでも少しづつ痩せていったわたし(2㎏ぐらいだけど)

その間、どうしていたらもっと理想な痩せ方があったのか、ご紹介します。

きちんとした骨盤ベルトで締める

苦しい出産を経て、「やっと終わった~」とホッとしたこと思い出します。

そのあと、2時間ほどして動いていいと許可が出たので、少し歩いてみると、「なんか腰のあたりが・・・気持ち悪い」って感覚ありませんでした?

あれは、ついさっきまでおなかに赤ちゃんがいたからなのか、骨盤が開いてガクガクする感覚なのか、よくわかならいけれど、どっちもかな。

とにかく骨盤締めたい!!って感覚になり、きちっと骨盤をベルトで締めた思い出があります。

骨盤を締めることによって、安心感ももちろんありましたが、姿勢もよくなり基礎代謝もアップします。

基礎代謝がアップすれば、体の臓器の働きや、血の巡りもよくなり、その後の生活を快適に過ごせますね。

出産後、何日か経過してから、骨盤ベルトとガードルのふたつ使用で出産前より痩せたなんて話も聞くことがあり、これは知らなかったーと感心しました。

母乳で痩せる!

これもよく聞くことですね。

母乳で育てるってことは、赤ちゃんにもとてもいいことですし、ママも痩せることができて一石二鳥。

母乳の消費カロリーはなんと1日600~800カロリーだとか。これだけのカロリーを消費しようと思ったらけっこう大変ですもんね。

でも、わたしみたいに母乳がなかなか出にくいママや、赤ちゃんが思ったほど飲んでくれないなんてこともあるので、参考までに。

そして、母乳で育てるのは当たり前みたいな風潮にストレスを感じるくらいなら、いっそ断乳して、ミルクですくすく育ったほうがいいこともあります。

実はわたしもそうでした。

初乳さえ飲んでくれれば、赤ちゃんにママの免疫を与えることはできるし、いろいろ悩むのもママにも赤ちゃんにもよくないので、産後2か月ほどで完全ミルクにしちゃいました。

そこからは、うちの子はよく寝てくれたし、わたしもたくさん睡眠をとることができて快適でした。

食事が和食中心になった

妊娠中は好きなものを好きなだけ食べていたわたし。

出産して、育児をするうちに、こども中心の食生活になりました。

離乳食の時期から、こどもには薄味を基本に料理するので、どんどん和食中心になりました。

和食って本当によくできているなぁと思いませんか?

昆布やかつおの出汁から始まり、海藻や大豆でできているものも多い。

魚もおいしいし、栄養たくさん。

油もあんまり使わないし、家族の体調管理につながる優れものです。

和食中心で食事をして、太りにくい体づくりも維持できますね。

早寝早起きで規則正しい生活

こどもを持つと、本当に規則正しい生活が送れますよね。

独身生活を思い出せば、不摂生もいいところ。ひどいものでした。

こどもが成長していけば、日中公園遊びなどパワフルに活動します。

それに付き合うためにも、睡眠はとても大事。

自然と日中はよく動き、夜は早く寝る生活になるので、いいリズムが保てます。

産後すぐのママも、寝てばかりの赤ちゃんといっそ一緒にぐうたら寝てしまうのがオススメ。

わたしなんて、産後約1年くらい、こどもの昼寝のときに一緒に寝てました・・・笑

産後すぐのダイエットには注意も必要

妊娠で体重がだいぶオーバーしてしまったママたち、出産して、早く以前の体形に戻したいとダイエットを早くから始めるママもいらっしゃるかもしれません。

とっても、気持ちはわかりますが、産後すぐのママの体は、やっぱり出産でだいぶ疲労がたまっている状態ですよね。

それに、出産を終えたママの体は骨盤が開いたことにより、骨盤底筋が緩くなっている可能性はあります。

産後6週間を掛けて、体は自然にゆっくりと元の体に戻そうとしていきますので、自然の流れを受け入れつつ、自分の体の調子を一番に考えて運動などしていくほうがベストだと思います。

最後に

いかがでしたでしょうか?

これから出産を迎える方、出産を終えた方に参考になったでしょうか。

わたしは、少し無知な面があって、自分の出産の時期にはここまでは学習していませんでした。

今になって、少し遅すぎる?なんて思うかもしれませんが、大丈夫!

骨盤を締めて基礎代謝をアップするのは、生涯必要だと思いますし、食事や規則正しい生活もとっても大切。

むしろ、出産を経験して、子育てママになってからの方が自分の生活を見直すいいきっかけになっているかのように思います。

そして、自分だけでなく、家族みんなの健康を維持できるように頑張っていきたいですよね。

 

 

-健康管理