30代子育てママYOUのなんでも日常ブログ(^^♪

転勤で大阪から名古屋に引っ越してきた主婦が子育てに関する日常と情報を綴ります。

健康管理

こどもが病気のときの過ごし方

あけましておめでとうございます。

2017年も楽しくできるように努めていきたいです。

さて、この年末年始、我が家では娘とママがふたりで仲良く体調不良に陥ってしまいました。

パパは運よく、元気でいてくれて本当に助かったのですが、本当に大変な年末年始でした。

症状は、微熱・鼻水からの長引く咳込

とっても、辛かったのが夜中の咳込。

こんなにも咳ってでるもんなの??と、いうくらいで全然寝れませんでした。

病院にいくと、はっきりはしないのですがマイコプラズマの疑いありと・・・

聞いたことある!!

あの、マイコプラズマかぁ・・・

幸い症状としたら、軽い方らしく肺炎まで起こしてないので抗生剤で様子をみることになりました。

マイコプラズマって??

さて、ママなら絶対に聞いたことのあるマイコプラズマ。

主な症状としては、

  • 発熱(あまり高くはないみたい)
  • 空咳から痰を絡む咳に
  • 嘔吐や下痢
  • 胸が痛む(咳のしすぎ)
  • 口臭がする

など、とあります。

うちも娘とわたしとこのような症状で苦しみました。

特にこどもはやっぱり辛いものですよね。

しかも、この症状って、一般的に言えば風邪ですよね。

お医者さんにも聞いたところ、初期段階では判断しにくい病気らしいです。

でも、早めの処置がいいとのことでひつこく病院に行き、やっとマイコプラズマに効くであろう抗生剤を処方してもらいました。

残念ながら、病院に1回行っただけでは、なかなか診断は難しいので根気よく通院することが大切ではあります。

しんどい中通院するのって、本当に辛いですけどね・・・

娘の通院記録

病院に1回では判断がつかないといっても、じゃ何度行けばいいの?と、不安になるかと思います。

今思えば、いつからが発症かもわかりませんが、おおよその範囲で記録していきたいと思います。

 

12月9日 発熱39.5度

から始まり、病院でインフルエンザ・溶連菌・水疱瘡・尿路感染の検査受けるもすべて陰性。

(病院ではカロナール細粒20%処方)

後日、熱は微熱程度に下がり、幼稚園をお休みしたりして様子を見た。

熱も下がり登園。しばらく元気にしていたけれど、またその週末に発熱。

幼稚園をお休みして、また下がると登園の繰り返し。次第に鼻水が多くなる。

冬休みに入り、年末は病院が休みのため、耳鼻科へ。

  • トミロン細粒小児用10%  細菌の感染を抑える薬
  • (後)カルボシステインドライシロップ50% 膿と痰を出しやすくする薬
  • アスベリン散10% 咳を鎮め、痰を切る薬

を、処方。

年末にかけてどんどん悪くなり、年始になり、総合病院で受診。

  • ジスロマック細粒小児用10%100mg 抗生剤3日分
  • アスベリンシロップ0.5% 6日分
  • 小児ムコソルバンシロップ0.3% 6日分
  • カルボシステインシロップ小児用5% 6日分
  • ツロブテロールテープ1mg(ホクナリンテープ) 1日1回
  • シングレアチュアブル錠5mg 1日1回就寝前 6日分
  • リン酸コデイン散1%2g 咳込時 20回分(8時間の間隔を必ずあける)

を、処方。

薬の専門的なことはわかりませんので、お薬手帳を参考にしてます。

でも、これから徐々にですが経過は順調になり、本当に安心しました。

結果、うちでは3回、病院へ行きました。

わたしもしんどかったので、本当に病院へ行くの辛かったです。

でも、行って本当によかった。

本当にひつこい咳

咳って本当にひつこいです。

ここまででも、咳が出だして2週間が経過。

今現在も、完全には咳は治っていないので、心配はまだ続きそう。

娘本人は本当に元気になったので、嬉しそうです。

今思えば、間の耳鼻科受診が不要だったかもしれません。

年末の内科って、インフルエンザのひととかいて、余計な病気をもらいそうであまり行きたくなかったわたし。

でも、そうして避けたせいで、結果ひどくなってしまってました。

総合病院って、やっぱりいろいろな検査が受けることができるので安心ですね。

いっしょにわたしも受けたりして、薬も院内だし。

咳込が激しいとき

私自身も咳込はひどかったのですが、娘はこどもなので本当にかわいそうでした。

そんなとき、わたしは眠たかったけれど座って抱っこしてして寝かせてました。

もう6歳なので、けっこう重たいですが・・・

ひどいときは、ソファで抱っこしたまま、いっしょに眠ることもありました。

背中をトントンとして、こどもに安心させることが大事かと思います。

あと、お茶も飲みながら。

昼間の咳込では

昼間では、とにかく明るい雰囲気で送れるように・・・

咳が出たら、「トントントントン日野の2トン」と、CMのことを歌ったり・・・笑

これでも、けっこう子どもは喜んでいっしょに歌ってくれます。

あとは、怪獣がのりうつったとか・・・(妖怪ウォッチの妖怪のせいにするみたいに)

なんでも、おもしろおかしくしていかないと、正直ママの気力が持ちません。笑泣

マスクしっぱなしだと、耳も痛くなりますしね。

まとめ

娘に「2017年はどんな年にしたい?」と、聞くと

「咳のない年にしたい」と、言ったくらい咳に悩まされた年始。

本当に健康が一番と、痛感しました。

この病気がパパにうつってないように祈るばかりです・・・

毎日の、手洗いうがい。

規則正しい生活。

あと、ビタミンCを多く摂るように!!

キウイとみかんでこの冬を超えていきたいです!!!

 

-健康管理