30代子育てママYOUのなんでも日常ブログ(^^♪

転勤で大阪から名古屋に引っ越してきた主婦が子育てに関する日常と情報を綴ります。

健康管理

【子どもの咳止めに効く?】はちみつの効果的な理由

2017/09/19

純粋はちみつ

子どもの咳って本当に辛いですよね。

見ているママも辛く、咳をしている本人はもっと辛い。

夜も寝れず、体力も奪われ見ていて本当にかわいそうです。

 

子どもの咳、早く治してあげたい!!

なるべく咳がでないように予防したい!!

そんなママにとっての朗報です。

薬に頼らず、「はちみつ」で解決していきましょ!!!!

咳がでる原因

いわゆる風邪で咳がでる症状がありますね。

子どもにとって、風邪はしょっちゅうかかるもの。

 

うちの娘も、季節の変わり目や、特に寒くなりそうな秋の時期に「コンコン」と、咳をしだします。

病院に行って、処方された薬を飲むんだけれどなかなか治らない咳。

 

特に夜になると、気管支が収縮しやすくなるため気道が狭くなり咳が出やすくなってしまうんですよね。

夜中に何度も起きて、背中をさすってあげるママの気持ちよく分かります。

 

そんな中、先日テレビでお医者様が

「咳には薬を飲むより、はちみつを食べたほうが効果的」と、言っていたのを見ました。

「え??」

すぐに飛びついたわたしは早速調べました。

実際に、アメリカでは咳止めシロップを飲むより、はちみつの方が咳止めの効果があるという研究結果もでているそうですよ。

はちみつには抗菌作用と殺菌作用もある!!

古来、エジプトの時代から美容や薬用品として活用されていたはちみつ。

食べてもおいしいのでもちろん食用にもしていたんでしょうね。

あのクレオパトラも美容のため、顔に塗っていたらしいです。

殺菌作用の働きとしては、菌の繁殖と炎症を抑える効果があります。

はちみつの素敵な成分たち

はちみつには、ビタミン・ミネラル・アミノ酸(15種類)・ポリフェノール・果糖・酵素(アミラーゼ、カタラーゼ、インベルターゼ、マルターゼ)など、多くの栄養素が含まれています。

それらは、美容効果や殺菌作用、二日酔いにも効きいいことずくし。

万能薬のはちみつの効果的な使い方

今回の目的は、「子どもの咳止め」

子どもには、スプーン1~2杯を目安に与えてください。

特に夜に咳は出やすいので、寝る前なんか効果的だと思います。

 

朝起きたときにちょっと喉がカラカラ・・・

というときも、朝食にパンにはちみつを塗り食べる。

これだけでも、喉にバリアが張ったような感覚になり乾燥を防いでくれます。

はちみつを与える上での注意

1歳未満のお子さん(乳幼児)には絶対に与えないこと。

はちみつには稀にボツリヌス菌によって汚染されている場合があります。

ボツリヌス症になってしまうと、呼吸麻痺など最悪死亡してしまうケースも実際にあるので注意が必要です。

純粋な本物のはちみつを購入すること。

はちみつを買おうと思ってスーパーに行くといろんな種類がありますよね。

価格も幅広く、ついつい安いものに手を出してしまいがちですが・・・

はちみつに関しては、安いのは避けたほうがいいでしょう。

理由としては、

  • 甘味料(砂糖水など)が入っている
  • 熱を加えてしまっている

と、人が手を加えている人工的なはちみつは、はちみつ本来の成分は期待できないでしょう。

純粋とうたっているものが一番ですが、見分け方としては、

  • 加糖はちみつ
  • 精製はちみつ

と、書いているものは避けてます。

見た目でわかるものって??

ラベルを見てもよくわからないときは、見た目も大事。

本物のはちみつは、透明ではありません。

 

花の種類などにもよりますが、一般的には濃い色合いを目安に選んでます。

まとめ

はちみつの高性能な働き、お分かりいただけたでしょうか??

こんなに素敵なものなのに、残念なのが味が少し薬っぽい・・・

メイプルシロップと同じようなものだと思い、はちみつを食べるとびっくり。

「うげー・・・」って、なったことあります。

でも、人間慣れるものです。

 

わたしも慣れてしまえば、おいしく感じます。

そして、ほのかに鼻からお花の香りなんかして最高ですよ。

身体の中から天然の栄養価の高いものを摂取するって、嬉しいことです。

 

娘も、最初は嫌がっていましたが、喉のためと思ってはちみつを食べています。

しかも、スプーン1杯程度の少量で効果があるところがまたポイントです。

参考までに、わたしが先日買ったはちみつはこちら。

純粋はちみつ

(名古屋の星ヶ丘テラス ザ・キッチンで購入、860円税別)

いろいろなはちみつを試していき、どんなものが自分に合うのか模索中です。

微妙に味が違うかったりするのでね。

 

興味のある方は、以下もどうぞ。

はちみつの殺菌作用や抗菌作用について、自分の肌荒れしている指で試してみました。

 

【前回の記事の付け足し】はちみつの味について、最初は薬っぽいですが不思議と味がまろやかになりました。

毎日、空気に触れることによって味が変わるのかもしれません。

今では薬っぱさは皆無です。

 

【関連記事】

>>「【肌荒れの指】はちみつの殺菌作用、抗菌作用の効果あり?試してみました」

 

 

 

 

 

-健康管理