30代子育てママYOUのなんでも日常ブログ(^^♪

転勤で大阪から名古屋に引っ越してきた主婦が子育てに関する日常と情報を綴ります。

こども

子どもの体力アップにプール始めました!!!

2017/06/17

うちの娘は6歳!小学校1年生です。

先週から近所の(と言ってもバスで片道20分、自転車も25分くらいかかる)スイミングスクールに通いだしました。

今まで避けてきたプール。

なぜかというと、娘は大のプール嫌い!!

水がとにかくイヤでイヤで、幼稚園のプールの時間での片隅で固まっていました。笑

不思議とパパも大嫌いな水。

そんなところが遺伝するのか、(まぁ環境だろうけれど・・・)娘も大嫌いな水。

たぶん息を止めるという行為もできないんじゃないかと思うほどです・・・。

医師から勧められらスイミング!!

水大嫌いな娘がなぜスイミングに通いだしか??

嫌いなものを克服するためという狙いで通わすママもいらっしゃるかもしれませんが、うちではあまり考えていませんでした。

今回、スイミングに通いだしたきっかけは医師の勧め。

実は、娘は咳が出だすとなかなか収まらない症状があったのです。

そのことを医師に相談したら、喘息の疑いもあるので、呼吸器検査をすることに。

そして結果は、喘息の気がある程度だったのですが、肺活量が少し低い値になっていました。

これでは、また咳が出だしたら続く可能性も出てくるので、肺を強くするためにスイミングに通うのはどうですか?と提案されました。

もちろん強制ではありませんけれど、わが子の体力作りと思えば行くしかないなと思い通いだしました。

娘自身も、医師からの話を聞いていたのですんなりスイミングに通うことを受け入れてくれた。

これ、たぶん直接医師から言われてなかったら、娘はまだ怖がってスイミングには通いたがらなかったでしょうね・・・

だから、ちゃんと直接言ってくださった医師に感謝。

ちなみに宣伝ではありませんが、名東区の長坂クリニックの先生です。とっても信頼できる先生です。

大阪から引っ越してきて、小児科の病院選びに迷っていたので、いいところを発見できて本当によかったと安心してます。

評判のいい先生らしく、いつも予約でいっぱいですが、もし転勤などで引っ越してくる方は長坂クリニックをオススメします。

と、宣伝になってしまって失礼。

大嫌いなスイミングに通い出した娘は・・・

本来の目的である、肺を鍛えることはまだまだ先ですが。

イヤイヤ言いながらも楽しんでいる姿にほっとしています。

ただ、担当の講師に娘の様子を伺うと「緊張して体がガチガチです」とのこと。

水が嫌いなので、体は正直に反応してるんですね。

でも、そんな状態だからこそ、講師たちは水嫌いの克服から丁寧に指導してくださっています。

顔つけも全くできないけれど、無理強いはせず、明るく楽しく接してくださっています。

他の生徒さんたちのご迷惑にならない程度にお願いしてます。。。

しかし、なんだかスイミングってとっても変わった??

わたしが行ってた30年ほど前(だいぶ昔・・・)は、そりゃ厳しかったですよ。

無理やりの顔つけなんて当たり前だったような気が・・・

私の頃は遠い昔なので、記憶も定かではないけれど、初日は大泣きした覚えがあります。

その点、今はなにを優先するべきかきちんと改革されたんでしょうね。

手厚いフォローに感謝してます。

ちなみにまたまた宣伝ではないけれど、そのスイミングスクールは「myスイム」ってところです。

まだまだ通いだしたばかりなので情報はありませんが、たくさんの子どもたちでいつもにぎやかですよ。

まとめ

喘息の治療=スイミングに通う、というのが一般的?と思われがちですが、実は一概いそうでもないようです。

喘息と一言でいっても、症状は様々。

うちはたまたま医師に進められたことなので始めたスイミング通い。

わが子がどんな症状にもよるかと思うので、かかりつけの医師と相談した上でスイミングに通うかどうかママが判断してくださいね。

とりあえず、どんなものか挑戦して、また経過をお知らせしたいと思います。

 

-こども