30代子育てママYOUのなんでも日常ブログ(^^♪

転勤で大阪から名古屋に引っ越してきた主婦が子育てに関する日常と情報を綴ります。

健康管理

JINS SCREEN ヘビーユースタイプを購入した!!

2017/06/25

最近PC作業が増えたわたし。

自宅にいている間は3時間4時間とずーっとPCに向かっていることから、目が疲れやすくなってきてしまいました。

そこで、前から気になっていたブルーライト搭載眼鏡を購入しました!!

ブルーライトケアの大切さ!

JINS SCREEN

何年前からかCMなどで話題になり、今や当たり前のように浸透しているブルーライト搭載眼鏡。

JINSZoffが有名ですよね。

PCやスマホから発せられるブルーライトって、具体的にどのように目に悪いのか??

と専門的なことは難しい・・・

要は、目が疲れやすくなる⇒肩こりひどくなる⇒風邪ひく⇒やる気なくなる⇒の、魔のループから抜け出したかったわたし。

例えば、暗い部屋でPCを立ち上げた時に、目に刺さるような光、あれですよね。

うわっって、思うような刺さる光って、本当に目が痛い。

もちろん普段は暗闇などではPCは触りませんが、目は大切にしたいのでケアをしていくことにしました。

JINS店頭ですぐに作れる手軽さ!!

眼鏡の購入って、ひと昔前だと本当に高価格でしたもんね。

そんなときに比べたら、今や本当に低価格で購入できるすばらしさ。

今回、購入したのは、

  • 度なしJINS SCREEN(わたし用)
  • 度ありJINS SCREEN(わたし用とパパ用)

の計3つ。

店頭についてからの流れ

開店と同時に行き、種類も多いのでめんどくさがりやのわたしはすぐに定員に話しかける。

「PC用の低価格のものはどれ?」と。

自分で探しいやとパパにいつも言われるが、それが面倒なので定員さんに頼ってしまう。

そうした方がかなり時間はロスできます!!笑

そして、このエリアから探すということが分かればすぐ決めるわたし。

結局、度なしタイプはこちら。

JINS SCREEN

これを選んだ理由は、

  • 普段はコンタクトレンズ使用のため、その上からのみ使用。
  • ブルーライトカット率38%。
  • 軽量
  • 基本的に自宅だけの使用なので、鼻部分のパットは一体型
  • 紫色がキレイだったから
  • スマホやPCを長時間使うひと向け。
  • デザイン的には大き目のレンズの方がおしゃれで好きだけど、レンズの大き目は価格が5,400円もした。3,240円で探していたので、このタイプに妥協。

です。

レンズ部分は、ブルーライトカット率38%のわりにはしっかりとクリア色。

これがブルーライト50%のをみるとやや茶色がかってました。

同じく度ありのタイプもブルーライトカット率38%にしました。

度ありの場合は、検査もします。(使っているコンタクトレンズの度数でも作れるそうです)

JINS SCREEN

コンタクトレンズも取って、専用ケースは使い捨てです。

JINS SCREEN

洗面所、もうちょっと広かったらなぁが贅沢な不満でした。

JINS SCREEN

所要時間としては、入店してから清算終わりまでだいたい1時間ちょいかな。

途中、検査の待ち時間に15分ほど時間をつぶすためウロウロしてました。

ちなみに、鼻のフック部分はこんな感じ。

自宅用では十分です。

JINS SCREEN

店頭でできるけれど、あとは宅配。

店頭で購入もできますが、わたしたちは度が少し悪いためレンズの加工などで時間がかかるよう。

なので、1週間後に宅配してもらうことにしました。

これは少し誤算だった。

このまま持って帰れると思っていたので・・・

でもしょうがない。自分の目の悪さが原因ですから。

もちろん1週間後に店頭で受け取ることもできますが、わざわざ来るのも面倒なので宅配にしました。

宅配にかかる費用は540円でした。(住所によって違うかな)

度なしのほうは、そのまま持ち帰りました。

そのとき、きちんと店頭で購入した眼鏡すべての調整もしていただいたので安心。

宅配されてきても安心して使えますね。

しかも、調整されていて思ったのですが、耳上部分の調整ってゴムでできているため自分でも簡単にできるようになっています。

JINS SCREEN

だから、度なしタイプだけの購入ならネットで購入もお手軽にできます

JINS SCREENのつけ心地について

今はまだ度なしタイプのみに使用ですが、とっても軽量なので眼鏡をつけている違和感はゼロに近いです。

軽いってやっぱり魅力!!

そして、昼間コンタクトレンズをした状態で度なしタイプをしてPC作業をしている状態。

目の疲れが減ったと思います。

その理由は、

  • やや眩しさを感じるのは減った
  • 作業が終わったあとに、テレビも見やすい(以前は疲れていて・・・)

まだ数日なのですが、こう感じれたことがよかったです。

持って帰ってきた度なしレンズはこんなパッケージの中。

JINS SCREEN

JINS SCREEN

きちんと布製ですが、ケースも小さく入っています。

ちなみに、専用のめがねケースは度つきタイプを購入したらサービスでついてきます。

うちは宅配にしたので、いっしょに後日届くはずです。

まとめ

目の疲れが減ったような気がしたのもよかったのですがなにより低価格で購入できたのがよかった!!

計3種類の眼鏡を購入して、かかった金額は26,892円でした。

内訳は、

  • 度なしタイプ・・・3,240円
  • 度ありわたし用・・・フレーム代3,240円+レンズ代2,700円×2レンズ
  • 度ありパパ用・・・フレーム代8,640円+レンズ2,700円×2レンズ

そこから、2本購入(度ありのタイプのみ適用)の割引で10%ずつ値引きありました。

度が悪いわたしたちにとったら、追加のレンズ代が一定というのも魅力のひとつです。

なるべく、レンズが薄くなるようにもしてくださるそうです。

これかなりうれしい!!!(度が悪いと、レンズがめっちゃごっつくなってしまうので)

 

度ありタイプは、夜のコンタクトレンズをとった状態で使っていきます。

ほか、パパの少しおしゃれタイプも購入したので、届くのが楽しみ!!

届いたらまた記事にしますね。

>>>JINS SCREEN 度付き眼鏡が到着した!!!

-健康管理