30代子育てママYOUのなんでも日常ブログ(^^♪

転勤で大阪から名古屋に引っ越してきた主婦が子育てに関する日常と情報を綴ります。

自分時間

ダウントン・アビーの魅力

GWも終わり、また日常が戻ってきました~

今年のGWは、大阪の友達のところへ行って遊ぼうと思っていたけれど、残念ながら行けず・・・

その理由は、娘の体調不良・・・

初めての小学校で慣れない中、頑張っていたんだろうね。

咳が出始めて、念のために名古屋の家でゆっくり過ごすことにしました。

でも、そのかいあってか復活!!!

毎日、ゆっくりしながらも楽しい連休を過ごすことができました!!

今日は、久しぶりのブログ更新。

なににしようか・・・

そう息抜き。

ひとりの時間を有意義に使うために、みなさんはなにしてる??

わたしは、もっぱらドラマ鑑賞を楽しんでいます。

やっと始まった超話題ドラマ!!!

私個人的には、やっと始まった!!!!って、私はめっちゃ浮かれているのになぜか私の周りのひとはあんまり見ていないドラマ。

めっちゃおもしろいのに・・・

それは、「ダウントン・アビー」

知っているでしょ~

2010年にシーズン1でスタートした、イギリスのテレビドラマシリーズ。

日本では、NHKで放送が開始され、たまたま見たことからわたしはハマりにハマった!!!

「ダウントン・アビー」の魅力!!

20世紀初頭の英国貴族「ダウントン・アビー」を舞台に巻きおこる、伯爵一家とその使用人たちの人間ドラマ。

なにがすごいって、時代背景にとことんこだわった作品で、本当に細かいところまで忠実にその時代を再現していることろ。

衣装や建物、調度品、階級社会の人間模様など、20世紀初頭にタイムスリップしたかのような世界観。

撮影に使っているお城も実在しているから驚き!!

ハイクレア城

ちょっと情報。

ダウントン・アビーの舞台でもあり、実際に撮影に使われているお城、ハイクレア城!!

NHKでそのハイクレア城を特集した番組がありました。

内容もさることながら、見入ってしまったわたし。

ハイクレア城の公式ホームページもありますが、全文英語のためさっぱりわからず・・・

当たり前ですよね。わたしが英文くらい読めるようにしないとあかんくらいです。

でも、写真がたくさん載っているので、今の住人の当主第8代カナーヴォン伯爵夫妻や屋敷の雰囲気は見てわかりますよ。

そのハイクレア城、場所はイギリスのニューベリーという地域にあります。

一度は、実際にこの目で見てみたい!!!

こんな大邸宅、たぶん所有して維持しているだけで莫大な税金などかかっているはず。

実際、このダウントン・アビーのドラマが始まってから、観光地にもなりいくばか経済的にも助かっていると先日テレビで拝見したほど。

そうだろうな・・・

そして、このドラマも終わって屋敷を維持できなくなったときのことを考えると、本当に切ない。

だから、なくなる前にぜひとも行きたい!!!!

パパに話したら、「いいんちゃうん~」と、なんともかるーい返事でした。

あんまり本気にされてないから、これからジワジワと攻めていきたいと思います。笑

ダウントン・アビーの世界観

作品に出てくる調度品や建物も素敵ですが、キャストもほとんどイギリス人だからびっくり。

ドラマの雰囲気も昔のイギリスって、こんなに階級社会がはっきりしているんだと思わせるものです。

だって、昔の貴族社会では、使用人と屋敷の人間とは会わずに同じ屋敷内で過ごしていたというから驚き!!

使用人は基本的に屋敷の下の地下にいるし、ドラマでもわかる通り薄暗い・・・

上の屋敷の住人は華やかな生活をしているのに、なんて違いだと思いますよ。

でも、時代とともにそんな生活も変化が生じてくるんでしょうが・・・

この「ダウントン・アビー」では、使用人と屋敷の主人グランサム伯爵の関わりも多いけれども、一定の距離を持っているのも否めない。

それで、また長女のメアリーが性格が悪い!!笑

そしてなぜかそんなメアリーは、男性にモテるという不思議な世界。

衝撃的なダウントン・アビー

私個人的には、メアリーの妹のシビルが出産のため亡くなってしまったこと、そしてメアリーの夫だったマシューの交通事故死がとっても衝撃的でした。

マシューの交通事故死の場面なんて、今でも忘れることができない。

メアリーとのすったもんだがけっこう長いことあって、やっと結婚、そしてやっと授かったこどもの出産と、幸せの絶頂のときの死だからその絶望感っていったら見ているわたしも深い深いため息がでたほど・・・

えー死んじゃうの・・・泣

しばらくテレビの前から離れられませんでした・・・

そこまで衝撃的なマシューの死だったのに、実情はマシュー演じるダン・スティーヴンスさんの大人の事情で降板なさったとか・・・

あぁ知らないほうがよかった情報もネット社会では入ってきてしまいますよね・・・

しかも、キャストの俳優さん女優さんが違うショットで見たときのあのギャップのすごさ。

普段のベイツなんて、めっちゃダンディーで、「え~!!!???」って、度肝を抜かれました。

アンナもバクスターさんも、そんなにエレガントなの~!!??と・・・

みなさんスターですもんね。

まぁしょうがない!!

しかし、昨日からはじまったのは、なんとシーズン6!!!

前回のシーズン5で、なんとなくすっきりしない終わり方だったため、これで終わってしまうのかぁ寂しいなぁとへこんました。

でも、今回のシーズン6!!!

始まりから、ドロドロな波乱の予感。

なんせ、サブタイトルが「脅迫」だもん。笑

どんな脅迫かと思いきや、たぶん1話で脅迫のネタは終わったかと思います。

まだ、2話目が来週だからわからないけれど、この脅迫だけを引っ張って話を持っていくほどしょうもないストーリー編成ではないのがこのダウントン・アビー!!

メアリーはずっと性格は悪いけれど、妹のイーディスとは仲良く協力して過ごしていけるのか・・・

ボストンへ行ってしまった亡きシビルの夫、トムとシビーはもう出演しないのか・・・

不幸続きのアンナとベイツには本当の幸せがくるのか・・・

若干、副執事のバローのキャラがいいひとになってきていて、このままいいひとでいくのか・・・よく見るとなかなかのイケメンだしね!

おばあさまのバイオレットのセリフも奥が深くて見もの。

と、見ていないひとは「はっ??」って、感じでしょうけれど、見ているひとにとったらわかるわかる~と、今ごろ賛同していてくれているはず!!!

早くシーズン6を全話見たいけれど、本当に今回で終わってしまうから寂しい!!!

またシーズン1から再放送してほしいな・・・

っあ、こういうときのための楽天かぁ(笑)

-自分時間